おもしろい漫画
  
バスケのルール
  
面白いサイト
  
スラムダンクグッズ
  

輝いている場面研究

石井が輝いている場面
スラムダンク全話の中で石井の輝いている場面といえば、なんといっても終盤の山王工業戦での桜木に「念」を送るシーンが一番ではないだろうか。

大ピンチの状況で石井をはじめとするベンチ部員全員が桜木のリバウンドにすべてを祈り、「ボールよ吸いつけ」という願いをこめて桜木の両手をギュッと握る。桜木花道が湘北にとってなくてはならない人物であることが証明されたこの瞬間。

このシーンは後に回想としても2度ほど出てくる名場面である。

もう一つ、「湘北に入ってよかった…!!」と号泣するシーンも印象的。
これも最後の最後、湘北が山王を追い上げる時に会場がものすごい盛り上がりを見せ、その中で石井が号泣しながら言った言葉である。

作品の前半では石井はベンチの一年生部員の中で桑田よりは目立っていなかった感じがするが、後半になって前へ出て応援することが多くチームを盛り上げた。

あきらめたらそこで試合終了
スラムダンククイズ

  

スラムダンク 佐々岡智
佐々岡を応援する indexへ